yamakeirnsのブログ

趣味のブルベを中心に気の向くままに書き留めていきます。

2021BRM417静岡400km

4/17(土)にAJ静岡のBRM417静岡400kmを走ってきました。ブルベ連戦でスタッフ試走できなかったので、当日の出走になりました。17日は前線の通過に伴い夕方から大雨の予報が出ていましたが、この日しか走れないので、覚悟を決めての出走です。
コースは200kmが平坦区間、200kmが伊豆の山岳区間です。

f:id:yamakeirns:20210419193307p:plain

生憎の天気の為、この日は6時スタートが4名、7時スタートが3名の僅か7名の出走になりました。私は6時スタートで走ります。5時45分過ぎた所でとりあえず、スタート地点の時計の写真を撮って、参加者を見送りに来ていたK平さんとY本さんと談笑します。来週岡山1200kmを走るO川さんも遠路愛知県から参加し、6時スタートで走ります。O川さんの準備が整ったところでオンタイムの6時にスタートしました。

↓大雨予報なので最近雨ブルベの相棒になっている重量車のCrossripで走ります。

f:id:yamakeirns:20210419193833j:plain

とりあえずスタート時点では雨が降っていなくて助かりました。ただいつ降りだしててもおかしくない空模様なので合羽を着てのスタートになりました。しばらく走ると蒸れてくるので、合羽の上着はファスナーを開けて走ります。気温は17℃前後で走り易い気温でした。20km弱ほど走るとK416の大崩れです。朝なので交通量は少なく写真を撮りながらパスします。

↓大崩れは焼津側から登るとこの静岡市の看板が見えれば登りは終了です。

f:id:yamakeirns:20210419194728j:plain

↓晴天なら石部の海上橋から富士山が見えますが、この日は雲の中です。

f:id:yamakeirns:20210419194951j:plain

R150のいちご海岸通りも往路は風もなく快調にパスできました。由比を過ぎた所でFlecheでY本さんが落車、負傷した場所のコンビニで休憩します。当日助けてくれた近所の方にお礼を言うつもりでしたが、雨で何も持参できなかったので、静岡600kmの際に出直すことにしました。しばらく休んでいるとO川さんが通り過ぎていきました。修善寺まで距離があるのでここでおにぎり2個で軽く補給します。

↓R150のいちご海岸通りは往路は風もなく穏やかでした。写真は久能山の遠景。

f:id:yamakeirns:20210419195535j:plain

↓空はどんよりでいつ降りだしてもおかしくない天気です。

f:id:yamakeirns:20210419195822j:plain

セブンイレブン清水由比店の前。2週間前FlecheでY本さんが落車した場所です。

f:id:yamakeirns:20210419195937j:plain

富士市街は交通量が多く、時折歩道に回避しながらパスします。千本松原の長い直線TT区間は淡々とパスして沼津市街に入ります。ここまでは奇跡的に雨に降られていません。蒸れるので合羽を脱いでしばらく走ると、伊豆に入ってからついに雨がぽつりぽつり降ってきました。やむなく合羽を再び着ます。リアバッグの防水カバーは装着していると中にあるものを取出すのが大変なので、中身を全てビニール袋に入れて防水カバーは外して走ることにしました。

鎌倉幕府2代目執権北条義時生誕の地の幟を見かけて写真を撮りました。

f:id:yamakeirns:20210419200750j:plain

修善寺ファミリーマート修善寺温泉店でこの先の登りに備えて、昼食にします。このコンビニにはイートインがあり、昼食をとりながらゆっくり休憩できました。

↓コンビニに入る時には合羽を脱ぐのでそれだけでもかなりのロスになりました。

f:id:yamakeirns:20210419201127j:plain

出発しようとするとF谷さんが到着しました。声だけかけて先を急ぎます。修善寺の中心地の独鈷の湯で定番の写真を撮ります。この日は観光客あまりいませんでした。

↓余裕があれば独鈷の湯の足湯でのんびりしたいですが、この日も写真だけです。

f:id:yamakeirns:20210419201412j:plain

独鈷の湯を過ぎると最初の大きな登り戸田峠までの約11km、獲得630mの登りが始まります。私は個人的には修善寺側から登るK18の戸田峠までの登りは車の交通量が少なく、勾配も厳しくないので好きな登りです。それでも11kmと距離はあるので淡々と登ります。合羽を着ているので蒸れてくるのがつらいですが止むを得ません。1時間超のヒルクライムでしたが何とか登り切りました。通過チェックの戸田峠の看板の写真だけとって西伊豆スカイラインへ入ります。

↓通過チェック 戸田峠 126.8km地点 戸田側からK18を登ると勾配が最悪です。

f:id:yamakeirns:20210419202133j:plain

西伊豆スカイラインに入ってからも達磨山まで登りが続きます。西伊豆スカイラインはオートバイをよく見かけますがこの日は悪天候なの1台も見かけませんでした。車もほとんど見かけませんでした。おかげで静かな西伊豆スカイラインを満喫しました。

↓防水カメラの水滴に気付かずにパチリ。西伊豆SKLはいつきても雄大な景色です。

f:id:yamakeirns:20210419202644j:plain

↓達磨山近くの戸田駐車場。眼下の戸田港はまったく見えませんでした。

f:id:yamakeirns:20210419202716j:plain

達磨山をパスすると仁科峠への登りが始まります。この仁科峠への登りが勾配も厳しく、終わりが見えない感じがしてかなり苦戦しました。それでもペダルを漕ぎ続けていればいつかは到着します。仁科峠の看板が見えた時には最大難所を無事乗り切ったことでほっとしました。

↓標高が約900m。9kmの登り区間はパスするのに苦労しました。

f:id:yamakeirns:20210419204950j:plain

↓仁科峠は気温は9℃と表示されていました。動いていないと寒さを感じます。

f:id:yamakeirns:20210419205548j:plain

仁科峠を登り切り、K59を松崎町に向けて一気に下ります。K59の道幅は狭く、コーナーが連続し、登ってくる対向車に注意する必要があります。実際1週間前に走った参加者で車と接触事故を起こしてDNFになった方がいました。雨で路面が濡れているのでかなる減速して慎重に下ります。この日も数台登ってくる車がありました。車はまさか自転車が下りてくるとは思っていない走行ラインが甘く、自転車が側が注意していないと危ない感じです。何とか下り切ってしばらく走るとPC1のコンビニに到着しました。PC1にはO川さんが先着していました。ここまでほぼノンストップで走ってきたとのことでした。長い下りで冷え切っていたので、カップヌードルを食べました。ほどなく7時スタートのT中さんも追いついてきました。T中さんもあまり途中休憩しないでここまできたようです。

PC1セブンイレブン西伊豆仁科町店 168.4km地点

f:id:yamakeirns:20210419210533j:plain

15時42分到着だったのでマージンは1時間半程です。補給を済ませO川さんと走り出すと後輪から異音がしました。後輪を見るとなんとスポークが1本折れていました。ホイールによってはスポークが1本折れただけで走れなくなるものもありますが、幸い私の自転車のホイールは廉価モデルのスポーク本数が多く、ディスクブレーキだったので、何とかなりそうでした。とりあえず後輪にあまり体重をかけないようにして走ります。しばらくすると蛇石峠への登りが始まりました。標高350m程の峠で登坂距離は5kmです。PC1を出ると雨脚が強くなり、ほぼ土砂降り状態になってきました。晴れなら何でもない登りも、長く感じます。蛇石峠を登り切り下田に向けて下ります。

↓蛇石峠 厳しい登りではないですが、雨の為、厳しい登りになりました。

f:id:yamakeirns:20210419212105j:plain

下田の国道に出ると車のプレッシャーを受けながらの走行です。PC2には18時20分に到着しました。マージンは1時間20分程度です。土砂降りの中コンビニで夕食を摂るのは大変です。狭い軒下でなんとか雨を避けながら、寒さにも耐えながらの夕食です。ほどなくO川さんではなくT中さんが到着しました。どうもO川さんは蛇石峠でパンクしたとのことでした。続々と他の参加者も到着します。O川さんも夜、雨、山間部の3拍子そろった最悪のパンクでしたが、パンク修理をして到着しました。流石、歴戦のブルベ猛者だと感心しました。

PC2セブンイレブン下田柿崎店 204.9km地点

f:id:yamakeirns:20210419212246j:plain

PC2を出発し、往路とは別ルートで松崎町に戻ります。K15は途中に標高300m弱の婆沙羅峠があります。K15が意外に車の交通量が多く参りました。夜なので昼間と違って峠の登りが長く感じられます。坂と格闘して前方にトンネルが見えてきて登りは終了しました。下り切ると松崎町でR136を土肥に向けて北上します。相変わらず土砂降りが続き、少しでも登り区間になると道路が小川のようになっています。途中端に寄り過ぎて窪みにタイヤをとられて落車しそうになりましたが、何とか踏ん張って事なきを得ました。夜間、車に気兼ねして端を走りすぎるとよくあることなので注意が必要です。それ以降は白線の内側を走るように意識しました。PC3には21時21分に到着しました。このコンビニにはイートインがあり、雨の降りがあまりにもひどいので避難的に休憩します。程なく他の参加者も到着しました。スマホで今後の雨予報を見ると22時過ぎに弱くなりそうな予報だったので、待機していましたが、一向に弱くなる気配はなく、あまり時間を浪費するのも得策ではないので、ほどほどで切り上げました。

PC3セブンイレブン伊豆市土肥店 254.7km地点 イートインに救われました。

f:id:yamakeirns:20210419213657j:plain

PC3を出ると西伊豆の最後の登り戸田と井田の登りが待ち構えます。寒さを感じるので、体を温める為、全力疾走で最初の戸田の登りを登ります。去年何回も登った登りなので勝手を知っているので気が楽です。登り切って戸田港まで一気に下り、続けて最後の井田の登りに挑みます。PC3は土砂降り待機したので最後尾スタートでしたが、全力疾走のおかけで先に出発した参加者に次々追いつき、追い抜きます。井田の登りのピークの井田トンネルまでにすべての参加者を追い抜くことができました。井田トンネルからの下りは舗装がよくないのでパンクに注意しながら路面の穴を確認しながら慎重に走ります。このころになるとようやく雨は止みました。夕方17時から深夜0時まで約7時間土砂降りライドでした。雨から解放され、沼津の松屋で深夜の食事を摂ります。先客のヤンキーが人前を気にせず、大声でスマホで電話していたことに腹が立ちました。注意しても逆切れされるのがおちなので不快さをこらえながら食事を済ませます。雨があがりよやく合羽を脱いで走ることができました。幸い睡魔はやってこず、淡々と最後のPC4を目指します。千本松原、富士市街、由比、興津と淡々と駆け抜け、PC4には4時7分に到着しました。缶コーヒーとエクレアで軽い補給をします。

↓PC4ローソン清水清開三丁目店 358.2km地点

f:id:yamakeirns:20210419215317j:plain

マージンは約2時間弱です。残りは42km程になりました。往路で走ったR150のいちご海岸通りに入ると、強い向かい風でした。ペースが上らず苦戦です。大崩れでは入口の電光掲示板に大雨の為、石部~浜当目が通行止めと表示されていましたが、特に通行止めゲート等がなかったのでそのまま走ると、特に問題はなく助かりました。焼津市街を抜け、K215、381に入り再び西進すると、強い向かい風にペースダウンとなりました。残り12km程ですが、向かい風のせいで遠い道のりになりました。御仮屋の交差点からK381からK34に入るとゴールまで残り4km弱です。川越広場には6時49分に到着し、24時間49分で完走しました。

↓17日と違って18日は風が強く、気温が少し低いものの晴天でした。

f:id:yamakeirns:20210419220419j:plain

雨と最後は向かい風の自然に苦しめられたブルベになりました。私がゴールしてからしばらくして他の参加者が続々とゴールしました。O川さん、T中さん、T岡さん、F谷さんの知り合いも皆完走しました。私がゴールした後、ほどなく浜松から自走でゴールを見届けに来てくれたM間さんにびっくりしました。しばらくM間さんも交えてブルベ談義に花が咲きました。来週は岡山1200kmを走ります。1000kmは過去3回完走していますが、1200kmは初挑戦になります。今までの経験をフルに活かして、満喫、完走したいと思います。

2021BRM410中部300km

4月10日(土)にAR中部主催のBRM410中部300kに参加しました。昨年コロナ禍で延期された300kmの開催です。晴天に恵まれ多くの参加者が出走しました。

↓スタート&ゴールは道の駅瀬戸しなの。7時・8時スタート共に多くの参加者が出走。

f:id:yamakeirns:20210411213332j:plain

コースは瀬戸→犬山→岐阜→海津→多賀→日野→伊賀→関→四日市→稲沢→春日井→瀬戸と走る、距離310.4km、獲得標高2935mです。厳しい山岳コースが多いAR中部のブルベでは獲得標高が控え目でした。

f:id:yamakeirns:20210411214223p:plain

私は後発の8時スタートです。今回の相棒は先週のFlecheに続きDomaneAL3にしました。天気予報では朝晩の冷え込みが厳しいとの予報だったので裏地が少し起毛素材の秋用ジャージで走ります。朝の気温だと冬用ジャージでもいい感じの低い気温でした。8時定刻にスタートします。大集団の中を走ることを避けてスタートダッシュして先頭の方で走ります。犬山市街を抜け、犬山橋で左手に国宝犬山城が遠望できたので、とりあえず立ち止まって写真を撮ります。今までスマフォで写真を撮っていましたが、起動が大変なので防水のデジカメを購入してジャージの背面ポケットに入れているので、今までよりも気楽に写真が撮れるようになりました。

↓国宝犬山城。小さいながらも模擬天守ではなく、貴重な現存天守です。

f:id:yamakeirns:20210411220425j:plain

PC1に向かう途中に後ろを走っていた参加者からビンディングシューズを忘れたのですかと訊かれました。2年前のRC名古屋の600kmで頻繁にビンディングを外すことで左膝を痛めたので、それ以来、片面フラットペダルにランニングシューズで走っています。忘れた訳ではないので思わず苦笑しました。PC1には9時54分に到着しました。1時間強のマージン確保で順調です。AR中部では密を避けるため、PC1のみ3か所のコンビニに参加者が振り分けられています。300mlのコーラのみ補給し、再スタートします。

PC1 セブンイレブン岐阜岩田東2丁目店 43.0km地点。

f:id:yamakeirns:20210411221432j:plain

PC1をスタートしてしばらくすると長良川沿いを走ります。車の交通量が多く走りにくい道でした。岐阜城の近くを通るので、立ち止まって写真を撮ります。

岐阜城遠景。険しい金華山の山頂に小さな模擬天守があります。

f:id:yamakeirns:20210411222010j:plain

交通量が多いので、時折堤防上の車が侵入できないサイクリングロード?に迂回します。向かい風気味でなかなかペースがあがりません。墨俣まで来ると右手に立派な模擬天守が見えてきました。またまた立ち止まって写真を撮ります。

↓秀吉の一夜城に因んで史実と無関係な立派な天守閣が鎮座しています。

f:id:yamakeirns:20210411222734j:plain

サイクリングロードは車を気にせず、長良川の清流を左手に見ながら気持ちよく走ることができました。海津のPC2には11時39分に到着しました。2時間のマージン確保です。7時スタートの人にここで何人か追いつきました。この後、二ノ瀬峠と鞍掛峠のヒルクライムが待っているので、コンビニ弁当でしっかり昼食をとります。

↓PC2ファミリーマート海津今尾店 82.8km地点

f:id:yamakeirns:20210411223511j:plain

↓コンビニ弁当で昼食。リアバッグのDynaPackは使い勝手抜群です。

f:id:yamakeirns:20210411223537j:plain

PC2をスタートしてしばらく走ると最初の難所の二ノ瀬峠です。海津から登るのは初めてです。登坂距離6km弱、300m程の獲得標高です。激坂はないですが、視線の先に長い坂が遠望できるので精神的に構えてしまいます。疲労を貯めない様に一定テンポで登ります。

↓二ノ瀬峠。海津からの登りは激坂はなく登り易い坂でした。

f:id:yamakeirns:20210411224833j:plain

↓二ノ瀬峠を登り切ると三重県いなべ市に入ります。

f:id:yamakeirns:20210411225020j:plain

二ノ瀬峠を登り切り、ご褒美で下りを満喫しR306を北上し、黄金大橋南の交差点を左折すると鞍掛峠の登りの開始です。登坂距離8km、獲得標高450mの登りです。鞍掛峠も一定テンポ登ります。二ノ瀬でも何人かの参加者を追い抜きましたが、鞍掛峠でも何人かの参加者を追い抜きました。オートバイの快走路なので登坂中何台か見かけました。鞍掛トンネル近くになると、人気の登山コースなので車が多く路肩に止まっていて、散策するハイカーを見かけました。淡々と登り鞍掛トンネル入り口が見えたところで長いヒルクライムは終了しました。

↓鞍掛峠ピークにある鞍掛トンネル。

f:id:yamakeirns:20210411230013j:plain

↓鞍掛トンネルを出ると滋賀県です。オートバイではよく走った道です。

f:id:yamakeirns:20210411230120j:plain

鞍掛トンネルを抜けて滋賀県に入ると、ダイナミックなダウンヒルの始まりです。道幅が広く、舗装がきれいなので、山深い景色を楽しみながら、ハイスピードで下りを満喫します。気持ちよく下り切ってPC3に14時39分に到着しました。マージンは2時間半確保です。多くの参加者が休憩していました。PC2でしっかり昼食をとったのでここはコーラと蒸しケーキで軽い補給で済ませます。

↓PC3セブンイレブン多賀大社前店 135.4km地点

f:id:yamakeirns:20210411230727j:plain

PC3を出ると私の嫌いなR307区間の登場です。大型車の交通量が多く、アップダウンが多いことが私がこの区間嫌いな理由です。追い風だったのがせめてもの救いで車に注意しながらの苦行の29kmでした。R307を外れて程なく、7時スタートの顔なじみのIさんに追いつきました。言葉を交わして先を急ぎます。PC4には16時55分に到着しました。マージンは3時間半に拡大しました。ここで先週Flecheを一緒に走ったY本さんが待ってくれていました。Flecheでの落車の怪我の影響を心配しましたが、元気そうで安心しました。骨折した左手はしっかりギブスで固定されていて、2か月は自転車に乗れない感じです。しっかり治療して早く回復されることを願うのみです。PC4には今回は追いつかないだろうと思っていた1時間前スタートのK原さん、M田さんも休憩していました。どうもPC3でかなり長い休憩を取っていたようで、短めの休憩で走ってきたことで追いつけたようです。最近よくPCで一緒になる同じスタートのMさんも追いついてきました。

PC4ローソン伊賀野村店 187.1km地点

f:id:yamakeirns:20210411232334j:plainしばらく歓談した後、Mさん、K原さんが先行してスタートし、私とM田さんは遅れてスタートしました。M田さんがMさんとK原さんに追いつくとペースを上げましたが、後姿を見送って私はマイペースで走りました。最後のPC5までは78.2kmあり一気に走り切るか、途中休憩するか迷いましたが、調子は悪くないので先行している3人に追いつくためにも一気に走ることにしました。旧東海道に入り、関宿に入ると往時を偲ばせる街並みが出てきました。日没前の人の往来がすくない時間帯で、いい写真が撮れました。

旧東海道、関宿の街並み。初めて通りましたが雰囲気のある街並みでした。

f:id:yamakeirns:20210411232822j:plain

18時半を過ぎて日没となり、ナイトライドの開始です。途中成り行きで2名の参加者が私の後ろを走り、3名で最後のPCを目指します。後3km程の所で、トイレが我慢できず、私は2名に先にいってもらうように伝えて、小用をたしてから向かいました。実はこの時、軽いハンガーノックにもなりかけていました。日没になり、気温が下がったことで思いの他カロリー消費が激しいようです。また補給食を持たずに走ったことを後悔です。なんとか最後のPCには20時52分に到着しました。マージンは4時間になりました。15時間を切ることは難しくなりましたが、16時間は切れそうな感じです。この頃になると気温は7度位で動いていないと寒さを感じました。ゴールまで45kmですが、ここでコンビニ弁当でしっかり補給します。

↓最後のPC5ミニストップ東海大橋店 265.3km地点 寒さが身に沁みます。

f:id:yamakeirns:20210411233924j:plain

etrexの電池が心配なのでここで交換します。一気乗り作戦のおかけでMさん、K原さん、M田さんより先着しましたが、出発はまたもや私が最後でゴールまでボッチ走です。信号峠を心配しましたが、ペースが落ちているのでストレスになることはなく、ちょうどいい小刻みな休憩になりました。
最後ゴール前瀬戸しなのの坂の前で後続の参加者に追いつかれそうになったので、ペースを上げて登り切り、23時43分、所要15時間43分でゴールできました。AR中部はハイテクで受付時には無人の体温計測センターや、ゴールにはブルベカードのQRコード読んで自動的にゴール時間が記録されるシステムや今回は速報値が表示される大型モニターが設置されていました。その結果だとどうも11番着だったようです。一番着は14時間を切っていたので、速さはもちろん、休憩もミニマムで走り切ったんだと思います。

↓日付が変わる前に何とかゴールできました。この時間寒さが堪えます。

f:id:yamakeirns:20210411234819j:plain

ゴール後、先着していたMさん、K原さん、M田さんと寒風の中、ブルベ談義で盛り上がりました。寒さにたまらずとりあえず談義を切り上げて、着替えますがそれでも寒さが堪えます。先週Flecheを一緒に走ったT中さんのゴールを見届けようとまっていたら、和さんと私から1時間程遅れて到着しました。和さんが相当なペースでゴール前追い上げたようで一緒に走ったT中さんは汗びしょりでした。スタート時姿を見かけなかった和さんは45km自走で少し遅刻してのスタートだったようです。ゴール後は思いの他の寒さに自走を後悔していました。

寒い中参加者のゴールを待ってくれているスタッフの皆さんには本当に感謝です。声を掛け合ったブルベ仲間にも感謝です。来週はBRM417静岡400kmを走ります。岡山1200km前週のブルベになるので、無理せずマイペースで走り切ろうと思います。

2021Fleche403日本橋

4月3日(土)から4日(日)にかけてAR日本橋主催のFlecheを走ってきました。2014年秋からブルベを走り始めてFlecheを走るのは今回が初めてです。昨年冬にブルベ仲間のYさんからお誘いを受けて参加することになりました。リーダーはYさんで、Oさん、Tさん、Fさんの5名でチームを組みました。Fさん以外は複数年SRを達成している経験豊富な猛者揃いです。開催1週間前になり、Fさんが体調不良でDNSとなり止む無く4人で走ることになりました。
Flecheは24時間で360km以上を3~5名のチームで走ります。3名以上揃ってゴールしないと完走の認定がされません。参加に際してはチームリーダーの負担が大きく、申込み手続き、コースプラン提出を行います。コースはナイスプレイスと呼ばれるゴール受付地点に向かって作成します。ショットカットしないように直線的にPCを設置する必要があります。基本はコンビニのレシートを証憑とすることが多く、スタートと22時間、ゴールの24時間は厳しく時間管理されます。決められた時間から1分のズレもないレシートを取得する必要があります。22時間~24時間で25km以上走ることも求められます。今回はFlecheの経験豊富なYさんがリーダーとなって、どの位のペースで走り、食事、仮眠をどこで取るかもしっかり検討し、コースを作成してくれました。チーム名はウルフパックです。私が好きなプロサイクリングチームの呼び名にあやかりました。

コースは浜松駅の南側にあるコンビニからスタートし、浜名湖を時計回りに半周して、登りの少ない海岸部を鎌倉まで東進します。鎌倉から北進して横浜でゴールです。369kmを4人で力を合わせて走ります。

↓走行距離369km/獲得標高2082mの登りを極力回避したコースです。

f:id:yamakeirns:20210405184117p:plain

4時半に起床して、軽い朝食を済ませ、自走でスタート地点に向かいます。11km程の距離で、早朝の為、車の交通量はなく、6時前に到着しました。6時半集合なので早すぎました。しばらくするとコンビニの前のホテルに前泊していたリーダーのYさんが早すぎると笑いながらやってきました。ブルベカードとゼッケンをもらいます。ほどなくTさん、Oさんも到着し全員揃いました。スタートが7時なので7時ぴったりのレシート取得が必要です。7時になり、それぞれ何か購入してレシートをゲットして、早々に出発します。

↓帰路、新幹線輪行するので、今回の相棒は輪行しやすいDomaneAL3です。

f:id:yamakeirns:20210405185516j:plain

↓浜松駅南にあるセブンイレブン浜松砂山町店が私たちのスタートPCです。

f:id:yamakeirns:20210405185653j:plain

PC1は25.9km地点のローソン湖西大知波店です。リーダーのYさんが先頭でかなり早いペースで飛ばします。計画では平均速度23km/hで8時12分到着予定でしたが8時4分に到着しました。ドリンク補給だけして小休止で出発します。

↓PC1ローソン湖西大知波店 25.9km地点

f:id:yamakeirns:20210405190327j:plain

私とTさんの浜松勢には勝手知った道です。この日は天気に恵まれ絶好のサイクリング日和でした。途中何人かのサイクリストとすれ違います。談笑しながらいいペースで進みます。

↓サイクリング日和で浜名湖も湖面は波立たず穏やかです。

f:id:yamakeirns:20210405190801j:plain

59.7km地点のPC2には9時48分に到着しました。ほぼ予定時間どおりです。結構早いペースで走っているのでYさんがかなり早いペースで計画を立てたことを実感しました。PC2でもドリンク補給のみして小休止で再スタートします。

↓PC2セブンイレブン浜北永島店 59.7km地点

f:id:yamakeirns:20210405191254j:plain

浜北大橋を渡り、磐田から袋井に抜ける丘の舗装の悪い下りで突然私のナビのetrexが吹っ飛びました。幸いストラップをハンドルに掛けていたので、大事にはいたりませんが、ブラケットが割れてハンドルに固定できなくなりました。仕方なく右手にetrexを持って進みます。右STIレバーの操作がしずらくなり、リア変速と、フロントブレーキに困りました。

↓ゆるふワークスさんの3Dプリンター製のブラケットが劣化で割れてしまいました。

f:id:yamakeirns:20210405191924j:plain

東に向って走り始めると、向かい風となり、ペースが上らず我慢の走りになりました。冬の遠州の空っ風なら西北西の風で追い風になりますが、季節は春になり風向きが変わりました。苦労しながら道の駅風のマルシェに12時頃到着しました。道の駅内のたわら屋食堂で昼食をとります。おすすめのしらすかつお、まぐろ、青のりと海鮮づくしの丼を美味しくいただきました。

↓道の駅風のマルシェ内にあるたわら屋で昼食をとりました。101.1km地点

f:id:yamakeirns:20210405193005j:plain

↓おすすめの海鮮丼を美味しく頂きました。

f:id:yamakeirns:20210405193038j:plain

Oさんがetrexのブラケットを直接タイラップで固定すれば何とかなるのではと提案してくれて、Tさんがタイラップを持っていたので、早速、直接固定し、etrex片手持ち問題が解決しました。これでストレスなく走れます。Oさん、Tさんに感謝です。ほぼ予定時間どおりの12時半に再スタートし、8km先のPC3には13時3分に到着しました。気温が25度前後と高く、PC3ではガリガリ君でクールダウンしました。

↓PC3ファミリーマート牧之原地頭方店 108.8km地点

f:id:yamakeirns:20210405193805j:plain

御前崎市を過ぎたあたりから向かい風が少し弱まります。大井川橋を渡り、焼津市街を抜け大崩れを登ります。今回のコースでは数少ない2km超の登りです。それぞれ自分のペースで登ります。昼間なので車の往来も多く、途中心ない軽自動車に下りで煽られ不快ない思いをしました。

↓大崩れの海上橋。晴天でしたが富士山は見えませんでした。

f:id:yamakeirns:20210405194348j:plain

いちご海岸通りのR150に入り、東からの向かい風を心配しましたが、強い向かい風ではなく安心しました。清水のPC4のコンビニには16時前に到着しました。15分程予定よりも遅れました。小腹が減ったのでおにぎり2個で軽く補給します。PC4の前後の清水区間は私が嫌いな区間です。車の交通量が多く、道路の舗装が荒れているので走りにくい区間です。

↓PC4ファミリーマート清水清開南店 167.8km地点

f:id:yamakeirns:20210405195049j:plain

↓駒越東の交差点から清水ドリームプラザまでの約3.5kmは大嫌いな区間です。

f:id:yamakeirns:20210405195122j:plain

PC4を再スタートしAJ静岡のブルベではお馴染みのルートを走ります。興津の駿河健康ランド前を抜け由比市内を抜け、184.km地点のセブンイレブン清水由比店前でアクシデントが発生しました。私が先頭を走っていましたが、突然止まってコンビニに左折しようとした軽自動車が我々を先に行かせるのか、そのまま左折するのか読めなかったので安全のため、立ち止まった所、後方で音がし、リーダーのYさんが単独で転倒落車し、路肩に転がって動かない状態になりました。私の後ろを走っていたOさんも急ブレーキで止まったわけではなく、Yさんの後方を走っていたTさんも問題なく停止しました。状況からするとOさんの後ろを間隔を開けずに走っていたYさんがOさんの停止に気付くのが遅れ、衝突を回避するために路肩の方に急ハンドルを切り、ペダルが路肩に当たって一瞬で転倒したようです。自転車の損傷はそれ程でもなかったですが、頭、左ほほ、左手、右肩を負傷してしまいました。転倒場所の近くの家の方とたまたま通りがかった人が駆けつけてくれて、救急車を呼び、バンドエイド等を提供してくれました。ほどなく救急車が来てYさんは救急車の中で様子見となりましたが、Yさんが病院への搬送は遠慮して、様子を見ることを希望したので、搬送せずに救急車は引き上げていきました。しばらくするとパトカーが駆けつけてきて事情聴取をとられました。Yさんには頭部の打撲の影響か転倒前後の記憶がまったくない状態で、少し精神的にも落ち着かない様子でした。Oさん、Tさんと話をして、ここでDNFをして最寄りの新富士駅から輪行して帰ることを考えましたが、Yさんが走れるところまで走りたいと強く希望したので、無理そうだったらすぐ声をかけてもらうようにして再スタートすることになりました。Yさんを気遣いながらペースを落として、より一層安全第一に徹して走ります。7km程走りPC5のコンビニに18時27分に到着しました。予定よりも1時間半の遅れとなりました。Yさんは左手のけがが特にひどいようで左のSTIレバーは操作が難しい状態でした。右肩も痛むようで、ダンシングは厳しいとのことでした。満身相違ですがリーダとして走り抜く気持ちは強いようでDNFすることは簡単ですが、その意思を尊重してとにかく3人でしっかりサポートして走り抜く決意を固めました。

↓PC5セブンイレブン富士市富士川駅前店 191.5km地点

f:id:yamakeirns:20210405202934j:plain

夜になり気温が15度前後に下がり、走っている時は問題ないですが、立ち止まると少し寒さを感じるようになりました。PC5から次のPC6までは約26kmです。交通量の多い区間を引き続き走るので慎重に走ります。長い千本松原の単調な直線区間を走破し、PC6のファミリーマート沼津港前店には19時51分に到着しました。レシートを取得してすぐ近くにあるラーメン屋松福で夕食にします。店内があまりに密だったのでこのご時勢少しドン引きしましたが、豚骨ラーメンで替え玉を2玉追加してしっかり補給しました。当初は魚河岸丸天で夕食をとる予定でしたが、時間がかかるのでラーメン屋で夕食をとりましたが、美味しいラーメンに大満足でした。

PC6ファミリーマート沼津港前店 217.6km地点 

f:id:yamakeirns:20210405204036j:plain

PC6向かいのラーメン丸福本店で替え玉追加自由の豚骨ラーメンを頂きました。

f:id:yamakeirns:20210405204145j:plain

PC6を出発し、昼間は交通量が多く、道幅の狭いR414もこの時間では交通量は少なく、ストレスなく通行できました、伊豆長岡市内を抜け、当初計画では仮眠予定場所だった百笑いの湯をパスして修善寺からK12に入り伊東を目指します。今回のコースではこの先の冷川トンネルが最高標高地点で約330mで一番登坂距離の長い区間です。気温が15度を切ってきたので、途中コンビニに立ち寄り、Yさんがウィンドブレーカーを着込みます。左手と右肩がかなり痛むようでウィンドブレーカを着込むのも痛々しい感じです。冷川トンネルの登りを何とか走破してPC7のセブンイレブン伊東中伊豆入口店に22時58分に到着しました。仮眠しなかったので予定時間から15分程マージンができました。PC7には西東京スタッフの5人のFlecheチームが先着していました。言葉を交わすと、我々と同じく浜松を出発し、都内のゴール地点を目指しているとのことでした。

↓今回のコースの最高標高点が冷川トンネル 標高327m

f:id:yamakeirns:20210405205713j:plain

↓PC7セブンイレブン伊東中伊豆入口店 255.4km地点

f:id:yamakeirns:20210405205847j:plain

ホット紅茶とワッフルで軽く補給し再スタートします。伊東まで一気に下ります。普段私はキャットアイのGVOLT70のミディアムの明るさでスピードを抑えて下りますが、後ろからOさんが非常に明るいライトで前方を照らしてくれたのでかなり助かりました。伊東からは小田原までR135を走ります。昼間ならかなり交通量が多いと思われる区間ですが、さすがに深夜は交通量がすくなく車のストレスをあまり感じることなく走ることができました。ただ時折追い抜いていく車のほとんどがかなりスピードを出してして雰囲気の良くない車が多かった気がします。R135は小田原まで断続的にアップダウンを繰り返す道で西伊豆に似ているコースプロフィールでした。激坂ではないので、辛抱強くアップダウンをパスします。伊東から先は自転車でまだ自転車で走ったことがなかったので新鮮でした。特に熱海の夜景が本当にきれいで印象的でした。熱海のコンビニで小休止しましたが、トイレで咳込んでなかなか出てこない客が一人いて参りました。3人で車で熱海にきている若者の一人のようで時勢柄、コロナに感染しているんじゃないかと思い、コンビニのトイレには入らず、外の物陰で用を足しました。小田原に入るとようやくアップダウンがなくなりました。PC8のローソン小田原酒匂店には2時4分に到着しました。小腹が減ったのでサンドイッチと赤飯おにぎりで補給します。
↓PC8ローソン小田原酒匂店 306.9km

f:id:yamakeirns:20210405221338j:plain

小田原市内で雰囲気の悪い原付と軽自動車の若者集団に出くわしました。爆音をさせ、2車線の左車線真ん中に車を止め談笑していて、仕方なく我々が右車線によけて通過しようとすると、周りも確認せずに発進し、やりたい放題でした。Oさんが一言いってやろうと言いましたが、注意しても効果のなさそうな面々に真面目に注意して逆切れされてもうんざりなので、心の中で罵倒して我慢しました。小田原を過ぎ、鎌倉に向かうR134に入ると快走路でした。眠気が少しきていたので、眠気飛ばしに全力疾走します。心なしか追い風で本当に気持ちよく走れました。江の島は灯台の光しか見えませんでしたが折角なので遠くから写真だけ撮りました。

↓江の島を撮ったつもりでしたが、暗くピンボケでわからない写真になりました。

f:id:yamakeirns:20210405222228j:plain

PC9へ向かう途中でYさんが立ち寄りたかった場所ということで江ノ電極楽寺駅に立ち寄りました。深夜なので駅はひっそりしています。アニメに登場する駅のようですが、私はアニメには疎いのでよくわからなかったですがとりあえず写真だけしっかりとりました。

江ノ電 極楽寺駅 深夜なので当然誰もいません。

f:id:yamakeirns:20210405222812j:plain

極楽寺駅から程なくPC10のファミリーマート鎌倉長谷店に到着しました。ここが22時間PCになるため、1時間弱程早く着き過ぎた為、物陰で各々仮眠します。少し寒さを感じましたが、コンクリートの上で横になると疲労のせいか少し眠ることができました。5時前にリーダーのYさんが起こしてくれて、5時ぴったりのレシートを貰うため、店員さんに事情を話し店内で待機します。5時ピッタリにレジで会計して、全員5時のレシートをゲットしました。
↓PC10ファミリーマート鎌倉長谷店 店舗脇で少し仮眠しました。

f:id:yamakeirns:20210405223426j:plain

ここからゴールまでは26.2kmです。7時がゴール時間なので2時間弱時間があり距離からすれば余裕だと思っていましたが、最後思わぬ展開が待っていました。PC10を過ぎてしばらく走ると鶴ケ岡八幡宮の正面と脇を走ります。昼間なら多くの参拝客でにぎわう神社も早朝なので静かです。写真だけ撮って通過します。

↓まだ日の出前の薄暗い中、鶴ケ岡八幡宮を通過します。

f:id:yamakeirns:20210405223843j:plain

鶴ケ岡八幡宮だけでなく、建長寺円覚寺などの有名な鎌倉の古刹の前を通過します。ブルベでなければ立ち寄ってゆっくり散策したいところです。鎌倉を抜け横浜に近づくにつれ信号峠がひどく数百m進んでは信号につかまる状態になりました。余裕だと思っていた時間が信号峠のせいできわどいことが判明しました。Yさんお薦めの昔の赤線の雰囲気が残る大岡川沿いのマニアックな道を走り、みなとみらいまで来ると、ゴールまで残り5kmです。かなりぎりぎりなので必死に飛ばして走り、ゴールのセブンイレブン横浜子安通2丁目店には7時の10分前弱に到着しました。店員さんに訳を話して店内で待機し、7時ピッタリのレシートを全員ゲットし、無事完走となりました。

↓ゴール地点 セブンイレブン横浜子安通2丁目店 369km地点

f:id:yamakeirns:20210405225334j:plain

落車のけがを我慢して、弱気になることなく最後までチームを導いてくれたリーダーのYさん、そしてOさん、Tさんに感謝です。一人で走るブルベとは違った感慨でした。Flecheとしてはこの369km地点がゴールですが、ゴール受付のナイスプレイスはここから26.9km先の代々木の国立五輪青少年総合センターです。ここから先は時間を気にすることなく安全第一で走ります。朝なので交通量は幾分少ないですが、それでも都内の主要道路を走るので注意が必要でした。途中コンビニに立ち寄りドリンク補給していると、ゴールを目指す別のチームが時間と闘いながら通り過ぎていきました。私はかつて6年弱東京に住んでいたので、往時の懐かしい風景を楽しみながら走りました。横浜周辺ほどではなかったですが、都内の信号峠もなかなかで結局26.9kmを走破するのに2時間弱かかりました。ナイスプレイスには続々とゴールしたチームが到着します。皆一様に完走した達成感で晴れ晴れとした顔をしていました。ナイスプレイスでブルベカードに必要事項を記載し、PCのレシートを挟んで、それをリーダーのYさんがまとめて事務局に提出して終了です。

↓ナイスプレイスのゴール受付会場 続々と完走したチームが到着します。

f:id:yamakeirns:20210405230123j:plain

ゴール受付を済ませた後、AR日本橋のスタッフの方にチームの集合写真を撮ってもらいました。初Flecheで知らないことばかりでしたが、貴重な経験になりました。チームメンバーには本当に感謝です。

↓チーム「ウルフパック」無事完走しました。

f:id:yamakeirns:20210405230503j:plain

最後輪行で新幹線で帰るのも一苦労でした。走行中何も背負いたくなかったのでリアバッグにしましたが、輪行で持ち歩きが大変でした。デイパックに荷物をまとめればよかったと後悔です。初Flecheに初新幹線輪行とどちらもなんとかこなすことができました。Yさんの怪我ですが左薬指の骨折、右肩甲骨のひびと重傷だったそうです。走行中相当の痛みだったと思いますが、弱気になることなく最後まで走り切ったのには本当に頭が下がります。来週はBRM410中部300kmを走ります。Flecheの疲れをしっかりとって体調を整えて走りたいと思います。

 

 

2021BRM327名古屋300km

3月27日(土)にRC名古屋主催のBRM327名古屋300kmを走ってきました。27日(土)は天気に恵まれ、ライド中、随所で咲き誇る桜を愛でながら春を満喫したブルベになりました。当日は4時に起床し、4時半に浜松の自宅を出発し、スタート地点の豊田柳川瀬公園には6時少し前に到着しました。6時から15分おきに分散スタートで、私は最終組の7時でした。スタートまで余裕があるので、コンビニおにぎりで軽い朝食を済ませ、顔馴染みと談笑しながらのんびり準備します。今回の相棒はRoubaixです。15時間切りの22時前にゴールすることを目標に走ります。雨の心配がなにで合羽を持参する必要がないので軽装備です。

↓最終組の7時スタートはひっそりしています。

f:id:yamakeirns:20210329195005j:plain

↓柳川瀬公園には桜が多くあり、見頃を迎えようとしていました。

f:id:yamakeirns:20210329194937j:plain

コースは完走率の高いRC名古屋らしい、登りの少ない参加者フレンドリーなコースです。副題にスタジアムツアーとついていて、袋井エコパスタジアム豊田スタジアムの近くを通ります。獲得標高は約2700mでコース後半のR473の設楽とR420の新段戸山トンネルの2か所が大きな登りです。登りは少ないですが途中交通量の多い区間を通るので注意が必要です。

↓BRM327名古屋300kmのコース 私には土地勘のあるルートです。

f:id:yamakeirns:20210329202149p:plain

BRM313中部200kmの際にはetrexの積算距離リセットとEdge530のスタートボタンを押し忘れたので、今回はしっかり押してから定刻の7時にスタートします。etrexはなぜか浜松から柳川瀬公園までの距離を記録しているので必ずスタート直前にリセットする必要があります。
最初の岡崎市街を抜ける区間が信号峠と車の交通量の多さに悩まされる区間です。無駄踏みしないように前方の信号を見ながら力加減して走ります。15km程走って交通量が減ったところでペースを上げます。私を含めて4人程の集団で快調に飛ばします。東名の側道区間は交通量が少なく気持ちよく走れましたが、新城に向かうK21に入ると交通量が増え、何台かの車に脇を走られてひやりとさせられました。車にとって自転車は邪魔かもしれませんが、道路交通法が変わり自転車は車道を走ることを義務付けられた軽車両です。強者である自動車には自転車を安全に回避して走る義務がありますが、一部のドライバーにはその意識が欠落している人がいて、いつも残念な気持ちにさせられます。この日は全般的に交通量が多く、心無いドライバーにたびたびひやりとさせられました。55.3km地点のPC1ファミリーマート新城有海店には9時14分に到着しました。関門は10時45分なので1時間半近くマージンを確保できました。

↓PC1ファミリーマート新城有海店 55.3km地点 このコンビニはPCの定番です。

f:id:yamakeirns:20210329203548j:plain

コーラとシュークリームで軽く補給します。このPCに来る途中で15分前にスタートした和さんに追いつき、PCで30分前にスタートしたTさんに追いつきました。今日は調子がいいようで飛ばせるだけ飛ばして走ることにしました。ここから先の区間はホームグランドで、Qシート、ナビがなくても走れます。長篠古戦場の近くを通った際、馬防柵の写真を撮りに立ち寄ろうかと思いましたが、15時間切り優先で先を急ぎます。井伊家の菩提寺龍潭寺も写真は撮らずパスし、浜名湖湖岸に入ってからも快調なペースで走り続けるとあり得ない光景にびっくりしました。なんと舘山寺手前で車の大渋滞です。歩道に逃げたり、場合によっては対向車を確認しながら右から抜いたりしながらなんとかパスします。思いもよらぬロスでしたが、PC2のファミリーマート弁天島店には11時11分に到着しました。関門は13時40分なので2時間半のマージンです。舘山寺手前の渋滞からしてお店に入っての昼食はかなりの時間のロスが予想されるのでPC2でコンビニおにぎりで昼食にします。

↓PC2ファミリーマート浜名湖弁天島店 100.3km地点 ここも定番PCです。

f:id:yamakeirns:20210329205842j:plain

↓PC2から浜名湖のランドマーク、弁天島の赤鳥居を撮影。

f:id:yamakeirns:20210329205905j:plain

うっかり灰皿の近くに自転車を止めたので大失敗でした。全く喫煙しない私にはタバコの煙は苦痛でしかありません。軽い昼食を済ませて早々に出発します。ここから先はAJ静岡の浜名湖200とコースが重なります。季節が変わり、追い風となる西風の遠州の空っ風ではなく、東風が吹いていました。強い風ではないですが、向かい風です。弁天島からPC3の袋井のコンビニまでの34kmは途中R150に出てから交通量も増え、退屈で苦痛な区間でした。AJ静岡のブルベでは過去、このR150で右左折車に巻き込まれて参加者が事故に遭うケースが何回かあり、油断ならない区間です。昼間でしたが、この日は大型車の通行が少なく助かりました。PC3ファミリーマート袋井大野店に13時10分に到着しました。15時56分が関門でさらにマージンを2時間46分に拡げることができました。

PC3ファミリーマート袋井大野店 134.3km地点

f:id:yamakeirns:20210329215752j:plain

↓風が吹くことが多いので入口に風除スペースがあります。

f:id:yamakeirns:20210329215819j:plain

PC3でようやく苦痛のR150から離れて北上します。AJ静岡のブルベが袋井の原野谷親水公園を発着点にしていた時によく走ったルートです。当時を懐かしみながら走ります。エコパスタジアムに向かう道は途中3段階坂があります。昔ゴール前の最後の坂として苦しめられた坂ですが、今日はまだ折返し地点前で脚にそれ程疲労はないので、先を知っているのでアタック気味に登り、何名か参加者を追い抜きました。トンネルを抜け最後の坂を登り切った後に正面右手にエコパスタジアムが見えました。この日はサッカーでジュビロ磐田の試合が開催されていたので、ジュビロのユニフォームを来たサッカーファンの方を多く見かけました。

↓写真奥がエコパスタジアム。私には見慣れた風景です。

f:id:yamakeirns:20210329220713j:plain

エコパスタジアムを過ぎて通過チェックポイントの袋井愛野駅南店に到着しました。PC3から僅か9kmの距離で20分程で到着しました。先ほどそれなりに補給したのでドリンク補給でのみで先を急ぎます。

↓通過チェック ファミリーマート袋井愛野駅南店 143.2km地点

f:id:yamakeirns:20210329222009j:plain

ここから先天竜のPC4のコンビニまでもわずか25kmでしかもAJ静岡のブルベでよく走るルートなので勝手を知っているので快調に飛ばします。栗下の信号交差点から天竜川沿いを走りますが、ここでも想定外の大渋滞に遭遇です。時折、路側帯を塞ぐように停車している車に腹を立てながら右から追い越しをかけ、左の狭いスペースを強引に抜け、パスします。正直今回のブルベは登りよりも車との闘いの連続でした。途中で6時スタートのIさんに追いつき声をかけて追い抜き、PC4のファミリーマート天竜山東店に15時少し前に到着しました。マージンは3時間超に拡大しました。ここでしっかり補給するか、軽い補給で済ますか悩みましたが、軽い補給にとどめました。この決断が後で若干の失速を招くことになりました。PC4では密かに目標にしていた45分前にスタートしたOさんに追いつくことができました。Oさんとは翌週フレッシュを一緒に走ります。

↓PC4ファミリーマート天竜山東店 168.6km地点 天竜二俣の渋滞にうんざりです。

f:id:yamakeirns:20210329222136j:plain

Oさんと一緒に再スタートします。ひたすらR152を北上します。AJ静岡ではR152のトンネルは極力回避するルートですが、RC名古屋は道の分かりやすさを重視かR152を一切迂回しません。いくつかあるトンネルの中で秋葉ダムに行ける西川トンネルが道幅が狭く、舗装が悪く、後ろから大型車があると拷問でしかないトンネルです。幸い大型車は来ませんでしたが、それでも車のプレッシャーを感じながらの通行でうんざりしました。大井橋まで北上し、R473に入ります。BRM320茶畑300kmと重なる区間です。ここから断続的にアップダウンがあります。Oさんとはこの区間の途中で分かれ、途中でBRM313中部200kmで後半一緒に走ったMさんに追いつきしばらく並走することになりました。走力が同じ人とは道中、抜きつ抜かれつするのがブルベの常でMさんは腐れ縁ですね笑っていました。談笑しながら快調なペースで走ります。中設楽の交差点を過ぎたあたりで、私は若干空腹感を感じて、Mさんと別れてペースを落として単独走しました。今回も給水ボトルはステンレスの保温ボトルで通常のボトルより重く、落としかねないので自然、走行中に水分を取る頻度が少なかったのも良くなかったのかもしれません。ただあと20kmなので単独で淡々と走ります。何とか設楽の登りをパスして通過チェックのコンビニまで下ります。あと少しでコンビニという所で私の後ろの方で大きな音がしました。思わず振り返ると、参加者一人、オーバースピードか舗装の割れ目にタイヤを取られたのか落車した音でした。戻って助けに行こうかと思いましたが、落車した参加者の後に何名か参加者がいたのでその方たちに任せてとりあえず通過チェックのファミリーマート設楽町清崎店に18時13分に到着しました。Mさんは先着していて軽い補給をしてほどなく出発しました。後続の参加者に落車した参加者の様子を聞いたら、何とか起き上がっていて重症ではなさそうだとのことでした。ハンガー気味だったのでしっかりコンビニ弁当で補給します。

↓通過チェック ファミリーマート設楽町清崎店 241.7km地点

f:id:yamakeirns:20210329224744j:plain

この設楽の周辺は400m以上の標高があるので、日没を迎えると寒さを感じます。しっかり補給し、空腹感が満たされ、少し元気が戻ってきました。しばらく走りR420に進みます。今回の一番の難所8kmで400m超登る新段戸山トンネルの登りが登場します。人寂しい夜の山間部の国道を淡々と登ります。勾配は厳しくないですが、夜間のロングヒルクライムは感覚的に長く感じられて、ピークに近づいている感覚がありません。新段戸山トンネルが見えて、なんとか一番の登りをパスしたことを実感しました。

↓新段戸山トンネル 夜間の景色がない、8km弱のヒルクライムは精神的に堪えます。

f:id:yamakeirns:20210329225414j:plain

ここから先は下り基調で下山村を目指します。途中若干の登り返しが何カ所かありますが、勢いで超えて行きます。下山村からはほぼ豊田市内まで下り基調でご褒美区間です。豊田スタジアムの近くで立ち止まって写真だけ撮ります。

豊田スタジアム ゴールまでは後5kmほどです。

f:id:yamakeirns:20210329225832j:plain

交通量の多いR248を車に注意しながら走り豊田東ICを過ぎてしばらく走るとゴールPCのセブンイレブン豊田市畝東町店に21時27分に到着しました。目標の22時前ゴールで14時間27分で完走できました。Mさんが先着していてしばらく談笑していると程なくOさん、和さんが到着しました。Oさんが先週走ったAJ静岡の茶畑300kmよりも獲得標高が500m少ないのに名古屋300kmの方が疲れたと言っていました。おそらく、茶畑300kmは信号峠はほぼなく車の交通量が少ないですが、名古屋300kmは市街地区間の信号峠と何カ所かあった渋滞区間が原因だと思います。私も登りとの闘いよりは車と信号との闘いに苦しめられた感じです。

↓ゴール セブンイレブン豊田市畝東町店 302.5km

f:id:yamakeirns:20210329230607j:plain

和さん、Oさんと談笑しゴールに30分程滞在して、指定されたポストにスタートでもらった封筒に記入したブルベカードとPC、通過チェックのレシートを同封して、84円切手を貼って指定されたポストに投函しました。和さんから近くの一蘭というラーメン屋が0時まで営業しているとのことだったので、柳川瀬公園に戻って、自転車を車に積んで、着替えてからOさんと一緒に美味しいラーメンを頂きお互いの健闘を称えました。翌週のフレッシュに向けていい感触をつかむことができました。

↓ゴール後のラーメンは最高でした。普段飲まないスープまでしっかり頂きました。

f:id:yamakeirns:20210329231208j:plain

道中、声を掛け合った参加者の方、そして開催してくれたRC名古屋のスタッフの方に楽しい時間を過ごせたことを感謝です。来週4月3日はRC日本橋主催のフレッシュに参加します。フレッシュは初めての参加です。5人で助け合ってしっかり完走したいと思います。

 

 

2021BRM313中部200km

3月13日(土)にAR中部主催のBRM313中部200kmを走ってきました。200kmなのに獲得標高が3700m超の山岳コースです。昨年は寒波の襲来により1000m超の売木、平谷峠で雪が降り、寒さに悩まされましたが、今年も雪は降らなかったもののほぼ終日、冷たい雨に悩まされました。

天気予報で雨の厳しいライドになることは分かっていましたが、雨対策の経験値を高めるためにあえて出走しました。3時半に起床し、朝食を済ませ、4時半に浜松の自宅を出発し、道の駅せとしなのには6時少し前に到着しました。受付を済ませて、6時スタートの顔なじみの参加者を見送ります。

今回雨対策として、自転車を前後フェンダーを装備し、機械式のディスクブレーキ、スタンド、リアキャリアを装備するcrossripにしました。装備重量は15kg程になり重量車ですが、雨の中での使い勝手は抜群です。昨年雨天用の防水グローブがまったく役に立たなかったので、ワークマンのポリウレタン製の防水、防寒グローブを用意しました。ヘルメットにはOGKカブトのレインカバーを、レインウェアは蒸れにくいモンベルで、そしてシューズはゴアテックスの防水スニーカーに防水ソックスを履き、モンベルのシューズカバーでしっかり防水しました。保温下着を着用しようか迷いましたが、汗ムレするのでやめました。呼気で曇るので眼鏡もやめてコンタクトレンズにして、やれることは全て対策しました。サイコンはEdge530、ナビはetrexで特別な防水は必要ありません。

↓雨対策のワークマンのグローブ。親水性が高く、防寒抜群でした。

f:id:yamakeirns:20210315211140j:plain

6時組のスタートと同時に雨が土砂降りになり、止む無く車の中で自転車の準備です。軽の1BOXですがサンバーは荷室が広いので、車内で十分に準備でき助かります。少し小降りになったところでトイレ前の庇のある所に移動しスタートを待ちます。この悪天候の中敢えて走ろうとする参加者なので、顔馴染みの猛者を多数見かけました。最終的に何人出走したか分かりませんが、多分3分の1以下の40名弱のような気がします。

↓せとしなので雨を避けられる場所はトイレ前の身障者駐車スペースだけです。

f:id:yamakeirns:20210315212449j:plain

↓上空には雨雲が広がっています。道中少しでも雨間を期待するのみです。

f:id:yamakeirns:20210315212559j:plain

さてコースです。瀬戸→恵那→山岡→上矢作→平谷→売木→平谷→稲武→明智→雨沢→瀬戸と走ります。このコースのハイライトは標高1160mの平谷峠の往復です。往路の上矢作から平谷峠までの20km超の登り、復路の売木から平谷峠までの5kmの登りは精神的にも、肉体的にも破壊力は満点です。この区間をどれだけ時間と体力に余裕を持ってパスできるかが完走の鍵を握ります。

↓スタートからゴールまでほぼ平坦区間がない鬼コースです。

f:id:yamakeirns:20210315212142p:plain

6時スタートもスタート時に土砂降りになりましたが、7時スタートもスタートと同時に土砂降りになり、前途を予感させるスタートになりました。スタートして1.6km程走るとR248を北上します。雨が降る中、背後から迫る大型車をいつもいじょうに気にしながら走ります。2月27日(土)にBRM320静岡300kmのスタッフ試走時にetrexの調子が悪くなり、なぜかマップが表示されずにルートだけ表示される状態になりました。原因が分からないので状態は改善されておらず、早速、右折ポイントを通り過ぎて数百mミスコースしました。この後、折返し地点の道の駅で顔なじみのMさんにメモリーカードが外れるとそうなることを指摘されて初めて原因が判明しました。今回の200kmはゴールまでこの状態だったので、たびたび軽いオーバーランをしてロスすることになりました。おまけに走り出して5km程edge530のスタートボタンを押さなかったのでその分ログが飛びました。etrexの走行距離もリセットしてスタートしなかったので、初めから距離が大きくずれることになりました。初歩的な怠慢でした。

etrexは振動でメモリーカードが外れるようです。次回はカバーにテープを貼ります。

f:id:yamakeirns:20210315213524j:plain

R248からK387に入ると交通量は少なくなり走り易くなりました。R363の雨沢峠は何回も走っているのでなんとなく登りの具合がわかりますが、このルートはほぼ走ったことがないので、オーバーペースにならないように注意します。38.9km地点のPC1ファミリーマート恵那武並店には9時に到着しました。関門が9時57分なので1時間弱マージンを稼ぐことができました。軽い朝食だったのでここでおにぎり2個と缶コーヒで補給します。雨は全く止む気配はなく、コンビニの庇の下で雨を避けながら手早く補給を済ませると早々に出発します。

↓PC1ファミリーマート恵那武並店 38.9km地点 crossripのスタンドは重宝します。

f:id:yamakeirns:20210315222115j:plain

PC1を出発するとR418を山岡に向けて10km程登ります。山岡を過ぎK417に入ります。初めて走る道で途中そこそこの勾配区間がありました。下り切ってお馴染みのK33に入り中馬街道の大馬渡峠を登ります。途中一人の参加者と一緒になりブルベ談義をしながら登ります。勝手のしった登りなので、しっかりペース配分して無理のないペースで登ります。ピークに到着すると雨も止んでいたのでお決まりの写真をとり再スタートします。

↓大馬渡峠 標高639m 幸い雨は止んでいたので写真を撮ることができました。

f:id:yamakeirns:20210315223033j:plain

大馬渡峠を下りR257に出て、トンネルをくぐりR418へ右折すると平谷峠までの20km超のロングヒルクライムのスタートです。440mから1160mの約700mの標高差です。勾配はそれ程でもないですがとにかく長い登りです。12km先の福寿の清水で小休止することをモチベーションに淡々と走ります。この区間MTBで快走していた参加者と、大馬渡峠で一緒になった参加者を追い抜きました。途中いくつか滝があり写真を撮ろうかと思いましたが、リアバッグのレインカバーを外してスマホを取出すのが面倒だったので、とりあえず、清水まで一気に走ります。湧水に着くと、置いてあるコップで2杯美味しい天然水をいただき、平谷峠の登りに備えて羊羹で軽く補給します。

↓いつも福寿の清水を通る時は立ち寄って、給水します。

f:id:yamakeirns:20210315224002j:plain

福寿の清水で小休止していると、Mさんが通り過ぎて行きました。Mさんはヒルクライムが得意で安定した速さのブルベ猛者の一人です。追いつかないかなと思いまながら後を追うと、平谷の交差点に出る前に追いつきました。Mさんはフロントに極端に小さなギアを使っているようで、巡航はハイケイデンスで走らなければいけないようで大変そうでした。おしゃべりしながら平谷峠のピークを目指します。ピークに近づくにつれ雨の降りが激しくなります。道路脇には除雪して積み上げられた残雪がところどころあります。さすがに標高1000mを超えているので気温は3度前後です。雨があまりにも激しいので往路で平谷峠のピークの写真をとるのをあきらめて道の駅南信州うるぎに向けて下ります。なぜか道の真ん中にも微妙な残雪があり、これは油断できないと思い、ゆっくり慎重に下ります。ワークマンのグローブの耐寒性能は抜群で手がかじかむことなく下ることができました。途中6時スタートの参加者数名とすれ違いました。道の駅には13時頃到着しました。通過チェックなので関門はないですが、あれば13時52分なので何とか1時間弱のマージンを保っています。昨年はここで手がかじかんでヘルメットもなかなか脱げず、がたがた震えていましたが、今年はそこまで追い込まれず助かりました。とりあえずQシートで指示のあったブルベカードに道の駅のスタンプを押し、道の駅で昼食にします。6時スタートのOさんが食事をしているところで、1時間スタートが遅かったので追いつくのは難しいと思っていましたが、追いつけました。Oさんは雨と寒さにたまらず、道の駅でゆっくり休憩していたようです。去年カレーライスの並盛でエネルギー不足になったので、今年は迷うことなく大盛りカレーを注文し、それほど待つことなく、温かい、十分な食事にありつけました。

↓通過チェック 道の駅南信州うるぎ 103.2km地点 雨は本降りです。

f:id:yamakeirns:20210315225735j:plain

↓大盛りカレーで十分に補給ができました。

f:id:yamakeirns:20210315225800j:plain

OさんとMさんが出発し、遅れて私も出発します。雨が本降りの中、また平谷峠を今度は売木側から登り返すのは憂鬱ですが、しょうがありません。また一定ペースで時折休むダンシングも駆使しながら進みます。途中でOさんに追いつき、追い抜きました。復路の登りの方が勾配は厳しい感じです。往路よりは雨が弱くなっていたのでとりあえず写真を撮り、下りに入ります。

↓復路の平谷峠 とりあえず今回の最大の難所の平谷峠往復をパスしました。

f:id:yamakeirns:20210315230356j:plain

雨で路面が濡れていて、勾配の厳しい下りコーナーが連続するのでスピードを殺しながらゆっくり下ります。下っている途中で同じ7時スタートの参加者とすれ違いました。皆余裕がない感じです。押し歩きしている人もいました。平谷の交差点でMさんに追いつきました。ここからは下り基調のご褒美区間です。登りで遅れた分を取り返すべく快調に下ります。PC2のファミリマート稲武町店には15時21分に到着しました。関門が16時28分なので相変わらずマージンは1時間程度です。ここで6時スタートだったFさんにも追いつきました。大盛りカレーのおかげでドリンク補給だけしました。今回もボトルは保温ボトルでホット紅茶を入れてきたので、ここでもホット紅茶でボトルに補給します。お約束のコーラ補給で糖分もしっかり補給します。

↓PC2ファミリーマート稲武町店 142.0km地点。ぎりぎり隊の人が多くいました。

f:id:yamakeirns:20210315231408j:plain

再スタートしてR153を走り続け、3km先のK490の入口を大きくオーバーランして、数百m無駄に登り返すことになりました。登り返している途中でMさんがミスコースすることなくK490に入っていくのが見えました。K490、484は初めて走りましたが、車の交通量が少なく、走り易い山間部の県道でしたが、杉の濡れ落ち葉が凄くて下りはかなりはらはらでした。晴天で、落ち葉がなければ快走路ですが、この日は落車の要注意区間でした。PC2で追いついたFさんがここで追いついてきて快調なペースで下って行きます。ついていくと危険なので、下り区間は自制しました。K11に出るとよく知っている道です。川上に向かって走るので登り基調です。ここでFさんに追いつき、さらにKさんにも追いつきました。Fさんはしばらくするとちぎれてしまい、私とMさん、Kさんでしばらく走ります。Kさんもしばらくするとちぎれてしまい、Mさんと2人で最後のPC3のファミリーマート明智店を目指します。K11の地味な登りに苦しめられましたが、16時56分に到着しました。関門は18時24分で1時間30分程マージンを確保できました。まだ33.5kmあるのでカルピスウォーターとクロワッサンで最後の補給をします。去年はこのPCに立ち寄らずハンガーノックになりそうになったことを思い出しました。休んでいるとKさんも到着しました。Garminのバッテリーが上がったとのことで、やむなくコンビニでモバイルバッテリーを購入されていました。私もedge530なら200kmは問題ないと思っていましたが、残量は40%近くて、気温の低さが思いのほかバッテリー消耗を早めていることを実感しました。

↓最後のPC PC3ファミリーマート明智店 171.1km

f:id:yamakeirns:20210315232910j:plain

ゴールまでMさんと一緒に走ります。この感じだと何とか12時間切ってゴールできそうになってきました。ただ最後に昨年9月の中部1000kmで苦しめられた裏雨沢峠が残っています。Mさんは大したことないですよと言っていましたが、私は昨年の記憶がまだ鮮明に残っているので、オーバーペースに注意して走ります。途中Mさんが牽いてくれて快調に走りますが、Mさんも裏雨沢が意外に手強いことをしって、途中から自分のペースでいくので先行してくださいと言われました。とりあえずマイペースを維持して狛犬を過ぎ、さらに2つ目の白鳥神社が見えたことでようやく雨沢峠が終了し、残り10km程のパレード走行になりました。ここで思わぬ難敵が道を塞ぎます。自転車よりも遅いスピードで下る軽トラックです。抜くに抜けないので自制しましたが、信号交差点で止まった際にようやくパスすることができました。道の駅せとしなのには18時30分過ぎに到着しました。レシートの時間をブルベカードに転記していなかったのでゴール受付で転記しました。コンタクトのせいで老眼でレシートの文字が見えなくて転記に苦戦しました。ブルベカードのQRコードを読取機で読み取って18時40分ゴールになりました。11時間40分でゴールです。全体ではわからないですが、7時スタートでは1番着とのことでした。このコースで雨の中、重量車で12時間切れたので満足です。ほどなくMさんもゴールしました。雨に濡れて冷たかったのでとりあえず車に戻り、自転車を積んで着替えて戻ってくると、Oさん、Fさん、Kさん、Tさんと続々とゴールしました。

↓18時40分 所要11時間40分でゴール。 とにかく終始雨に悩まされました。

f:id:yamakeirns:20210315234225j:plain

天気に恵まれず本当に大変なブルベでした。日曜日走った人のTwitterを見るとうらやましいかぎりです。AR中部のスタッフの皆さんの運営に本当に感謝です。最後までへたらず走れ切れたので、zwiftで30~40km程度のレース、ライドイベントをしながらの心肺機能の強化がブルベの走りに余裕を持たせてくれていることを実感しました。

次は3月27日(土)のRN名古屋のBRM327名古屋300kmを走ります。今度は土地勘のあるルートなので気が楽です。何とか天気に恵まれることを願うのみです。

 

 

2021BRM茶畑300kmスタッフ試走

2月27日(土)にBRM320茶畑300kmのスタッフ試走を走ってきました。当初は28日(日)にRC名古屋のBRM228名古屋200kmを走る予定でしたが、愛知県の緊急事態宣言が解除されないため、開催延期となり、急遽1週間前倒ししての試走です。
コースは島田→家山→春野→佐久間→熊→渋川→三ケ日→弁天島御前崎→牧之原→島田と走り、獲得標高実測値は3,246mでした。

↓前半170kmに集中する登りでいかに体力を温存できるかが完走のポイントです。

f:id:yamakeirns:20210228191706p:plain

前日は雨が降りましたが、27日(土)は風もない晴天で絶好のサイクリング日和になりました。6時スタートでY本さんが、8時スタートで私とK平さん、Y田さんがスタッフ試走します。7時半に島田川越広場に到着し、準備します。寒いとの予報だったので完全にウェアは冬装備です。ビンディングの頻繁な脱着で左膝の内側が痛くなることがあるので、この日はスニーカーで走ることにしました。グローブは迷いましたが、冬用の厚手のものにしました。今回のコースは前半は補給できる場所が限られるので、おにぎり2個、羊羹2個、よもぎ餅3個をスタートから携帯します。バックパックは背負わず、オルトリーブのサドルバッグに全て収容し、上着の背中ポケットに財布、マスク、スマホ、ハンドタオルを入れ、軽装で臨みます。この日も保温ボトルにして温かい紅茶を用意しました。前半の厳しい登りに備え、軽量なカーボンディスクロードのRoubaixで走ります。N2BRM方式なので、出発前にスタート時間の証明として、川越広場駐車場に設置されている時計の写真を撮ります。K平さん、Y田さんの準備も終わったところで8時10分にスタートしました。

↓27日(土)は川越広場はスタート時、珍しくまったくの無風でした。

f:id:yamakeirns:20210228193049j:plain

スタートして大井川橋を渡った直後の東町の信号交差点で北に横断します。ここは車がいない時は押しボタン信号なので押しボタンを押して横断します。大井川沿いの道をR473目指して北上します。途中車止めがあるので注意が必要です。R473に出ると家山まで北上します。10km程走ると最初の登り地蔵峠(神尾)が登場します。2km程の登りで平均勾配は3.5%です。ちょうど登り区間で片側通行規制をしていたので、車のプレッシャーを受けながら登りました。20km地点のミニストップ川根店には9:02に到着しました。ここから90km先の佐久間までは食べ物の補給ができるお店は全くありません。補給食を事前に用意するか、ここで調達する必要があります。私は事前に補給食は用意していたので、ここでは缶コーヒーとチョコバナナクレープで軽く補給だけしました。

↓20km地点のミニストップ川根町店 ここから先90kmは補給できるお店が皆無です。

f:id:yamakeirns:20210228194430j:plain

ミニストップを出発して川根西交番の信号交差点を左折し、K63に入り6km程進むと森町との境界がピークになっている平松峠の激坂が始まります。登坂距離2.9km、平均勾配9.8%と破壊力満点です。私は一定テンポで、時折体重を利用し、ペダルを踏みこまない休むダンシングを多用し、なんとか足着きなくパスしました。眼下に広がる茶畑の眺望は絶景ですが、ほとんどの人が景色を楽しむ余裕はないと思います。

↓激坂の平松峠は左に休憩所、そして森町の看板が見えれば終了です。

f:id:yamakeirns:20210228195302j:plain

激坂との闘いの後はK58まで10km超一気に下ります。山間部の車があまり通らない県道ですが、舗装状態は悪く、木の枝が至る所に落ちていて、気を張って下らないと危険な下りです。下り切ってK58に出ると三倉トンネルを抜け、周智トンネル手前が3km弱の平均勾配3.5%程度の登りです。周智トンネルを抜けると春野までK58を下ります。最初の55.1km地点のPC1春のふれあい公園には11時前に到着しました。ここは駐車場にある時計の写真を撮る必要があります。関門は11時45分なので50分程度のマージンを確保しました。ここで携帯してきた補給食で軽い補給をします。平松峠を越えてきた割には平均20km/hのペースなので快調です。

↓PC1 春のふれあい公園 55.1km地点 駐車場の時計の写真を撮ります。

f:id:yamakeirns:20210228200106j:plain

PC1を出発し、K286、285を走ります。昨年、台風の影響で土砂崩れによりK286もK285も通行止め区間がありました。K286の復旧は早かったですが、K285は26日に開通したばかりです。試走時は開通しなかったことを想定して秋葉ダムからR152を走るルートでしたが、秋葉トンネルは交通量もあり、トンネル幅が十分とはいえないので、通行止めが解除されていればK285を当日のルートに変更する予定だったので、この日試走して問題なく通れることを確認しました。85.5kmの大輪橋の観光トイレで小休止します。以前はここに商店がありましたが今は営業はしていません。自販機はあるので、ドリンク補給はできます。

↓大輪橋ちかくにある観光トイレ。85.5km地点。今は商店が営業していないのが残念。

f:id:yamakeirns:20210228201405j:plain

大輪橋から通過チェックポイントの飯田線城西駅まではあと12kmです。R152を水窪方面に北上します。ほどなく城西駅に到着しました。ここは駅名の表示を入れて写真を撮る、通過チェックポイントです。無人駅でトイレ以外何もありません。ここで97.3km地点ですが獲得標高は1000mを越えています。完走が厳しい人は駅なので輪行で撤退しやすい場所です。

通過チェック 飯田線城西(しろにし)駅 97.3km地点

f:id:yamakeirns:20210228201901j:plain

城西駅で来た道を折返します。7km程戻ると左手に龍頭の湧水があります。寸志を払っておいしい湧水を汲むことができます。私もちょうどボトルが空になっていたので、ボトルに湧水を補給しました。

↓龍頭の湧水では、美味しい天然水が給水できます。

f:id:yamakeirns:20210228202613j:plain

事前にK平さんとY田さんが昼食場所として見当をつけていた112km地点にあるユーコープ佐久間店を目指します。飯田線の高架をくぐる前に左手にあるスーパーです。地元の人が日用雑貨や食料品を購入できる貴重なお店で、まとめ買いをしている地元の方がたくさんいらっしゃいました。ここではパン、お弁当を販売していて、店舗外にベンチもあるので、今回のブルベでは家山から三ケ日までの約160kmの補給困難区間では唯一といっていい貴重な補給ポイントです。私たちもここに13時30分頃にたどり着き、お弁当を購入して30分ほどのんびり昼食休憩しました。

↓佐久間の112km地点にあるユーコープ佐久間店。貴重な補給スポットです。

f:id:yamakeirns:20210228203602j:plain

↓コーラとお寿司でしっかり補給し、つかの間の休息ができました。

f:id:yamakeirns:20210228203629j:plain

ユーコープ佐久間店を出発し、2km程進むと佐久間ダム方向と原田橋方向に分かれるY字路があります。道なりにいくと佐久間ダム方向に行ってしまうので、左下に見えている原田橋方向へ進みます。スタッフは一瞬ここで迷ったので注意して下さい。R473、K1をR151方向に進むと手前でK9の分岐に差し掛かります。左折してK9に入ると大地野トンネルまでの約10km、平均勾配4.1%の長い登りが始まります。平松峠は標高590m程度で大地野トンネルは標高601mで今回のコースでは最高標高地点になります。日曜日以外は三遠南信道路工事関係の大型ダンプカーの通行がありますが、この日は工事が行われていないのか、ダンプカーの通行はなく、道の端によける必要がなく、助かりました。激坂はないですが、10kmの登りは苦行です。まだ300kmの半分も走っていないので、無理せず、体力温存型の走りで登ります。前方に大地野トンネルが見えた時にはほっとしました。

↓私にはおなじみのK9の大地野トンネル。いつもと反対の東栄側から登坂しました。

f:id:yamakeirns:20210228205125j:plain

大地野トンネルから通過チェックポイントの道の駅くんま水車の里までは一気に下ります。走り慣れている道なので気楽です。15時40分頃に到着しました。くんま水車の里は通過チェックポイントで道の駅の看板を撮影します。どうもコース作成者の意図は道路にある青い表示看板のようですが、道の駅であることがわかればいいだろうといつもの構図で写真を撮りました。参加者の方はHPで指示される写真を撮ってください。

↓通過チェックポイント くんま水車の里 141.8km地点

f:id:yamakeirns:20210228205724j:plain

くんま水車の里を出発し、3km程下ると、渋川へ抜けるK47へ入ります。K47は大型車が通行できない、山間部の狭路です。ただ舗装はそれ程悪くないので、自転車は走りやすい道です。住宅が途切れてから登坂距離2.3kmで平均勾配4.2%の登りがあります。登り切ると渋川まで一気に下ります。渋川からR257に出るまでは断続的にアップダウンが続きます。ただ交通量が少なく、きれいな舗装路なので気持ちよく走れます。R257にでて新東名の引佐IC手前でK68に入り奥山を目指します。奥山の市街を抜け、山間部に入ると風越峠の登りが始まります。風越峠は登坂距離3.6km、平均勾配5.2%の登りです。ピークに到着すると一気に視界が開けます。PC2のコンビニまでは後10kmです。

↓風越峠ピーク 171.3km地点 標高271m 西に眺望が広がります。

f:id:yamakeirns:20210228214103j:plain

風越峠を何とか登り切り、一気に下って、PC2のセブンイレブン三ケ日天王町店には17:30頃到着しました。関門は20:04なので2時間半のマージンを確保しました。夕食はR150のどこかのお店で外食することにし、ここは小腹を満たす程度で、私はかつサンドとコーラで補給しました。コンビニPCではレシート写真が必要で、忘れないうちにその場でレシートの写真を撮ります。

↓PC2 セブンイレブン三ケ日天王町店 180.7km 天浜線三ケ日駅近くです。

f:id:yamakeirns:20210228215116j:plain

ここから先の残り120kmは私を含めスタッフ3人は何回も走ったルートで新鮮さがありません。気持ち的に消化試合ですが、淡々と走ります。新居の関所のトイレに立ち寄り、ひたすら御前崎に向けて走ります。福田まではBRM220浜名湖200kmと全く同じルートです。今回は追い風は吹かず、むしろやや向かい風の中走ります。R150に入り、大型トラックの通行を心配していましたが、大型トラックの通行は少なく、助かりました。R150に出ればすぐに手ごろな飲食店があると思っていましたが、結局PC2から60km弱走り、すき家150号大須賀店に入り夕食をとりました。コンビニ飯と異なり、時間はロスしますが店舗飲食はゆっくり休めて、食傷気味ではない食事にありつけるので、時間に余裕があれば、疲労回復には効果的です。3人ともそれなりに疲れているので30分程滞在してしまいました。

すき家R150大須賀店 237km 20:30 PC3の御前崎のコンビニまで30km弱

f:id:yamakeirns:20210228220121j:plain

十分に休息し、しっかり食事をしたのでペースを上げられると思ったら、K平さん、Y田さんに睡魔降臨でペースは25km/h前後での巡航となりました。何とかR150をパスし、御前崎の海岸線に出ると、おだやかな向かい風で安心していると、突端近くで御前崎港方向に折返す手前でお約束の爆風向かい風となり、折返すと逆に爆風追い風となりました。最後のPC3セブンイレブン御前崎港店には22:18に到着しました。関門は深夜1:48で3時間半のマージン確保です。すき家でしっかり食事したのでここではドリンク補給のみにしました。レシートの写真を撮り、e-trexの電池を交換すると、停止冷えを防ぐため、早々に再出発します。走っていれば何とかなる気温でしたが、日没後は7度前後の気温でした。

↓PC3 セブンイレブン御前崎港店 266.8km地点 なぶら市場向かいのコンビニです。 

f:id:yamakeirns:20210228220905j:plain

PC3を出発し、2.5km程追い風の恩恵を受け、R150を走ってR473に入ります。最後の登り牧之原台地の登りは緩やかに始まり、牧之原IC近くの手前3km弱程が5%前後の登りでした。最後の登りをパスし、ゴールまでは残り13kmになりました。最後の7km程度は下りなので実質的には後、6km程度で淡々と走ります。やがて下りに転じて眼下に島田の夜景が見えるとゴールまであと一漕ぎです。島田川越広場には0:07に到着しました。スタートと同じように時計の写真を撮ります。3人そろって無事ゴールできました。十分に休憩しての16時間7分での完走だったので、0時を切れなかったですが満足です。後でStravaでログを見ると移動時間は13時間を切っていてなかなかの走行ペースでした。

↓0:07に川越広場に到着。16時間7分で3人揃って完走しました。ゴールも無風でした。

f:id:yamakeirns:20210228222359j:plain

BRM320茶畑300kmはブルベ完走の為に経験すべき要素が数多く含まれているコースだと思います。激坂、前半に登りが集中した独特なコースプロフィール、長い補給困難区間、交通量の多い国道走行があり、風の影響も受けます。完走には全体通してのペース配分、補給計画、車の交通量に応じた走行が要求されます。経験の浅い人、登坂力のない方には前半の登りの多さには心が折れそうになるかもしれませんが、事前にしっかり計画して完走してください。

次のブルベはAR中部のBRM313中部200kmを走ります。昨年は思いがけない積雪に苦しめられましたが、今年はどんなブルベになるか楽しみです。

2021BRM220浜名湖200kmスタッフ試走

間を空けるとなかなかブログを書かないので、書ける時にアップします。
昨日1月30日(土)にBRM220浜名湖200kmのスタッフ試走を走ってきました。BRM220浜名湖200kmはN2BRM方式の為、2月13日、20日、27日が出走可能日になります。2月13日の2週前が1月30日(土)で、例年よりも1週間早いタイミングでの試走です。コースは昨年の浜名湖200kmから変更はなく、PCのみ変更になっています。いちご200km同様に浜名湖200kmもおおきな登りは少なく、総獲得標高1200mの走り易いコースです。このコースも遠州の空っ風がどう吹くかで完走難易度が大きく変化します。

↓BRM220浜名湖200kmコース図 大きな登りは牧之原台地だけです。 

f:id:yamakeirns:20210131160026p:plain

この日も雨の心配はなく、風のみ心配です。スタート地点の島田川越広場は強風ではないですが、それなりに風が吹いています。いちご200kmは先週23日に終了していますが、スタートの時計は撤収されずにそのまま残っていたので、とりあえず、普通の参加者と同じく写真を撮ります。いちご200kmはDomaneAL3で走りましたが、ブレーキの効きの悪さにひやりとさせられたので、今回はRoubaixで走ります。30日は終日気温が低いとの予報なので、パールイズミの保温アンダーウェアー、ウィンドブレークジャケット上下、冬グローブ、フリースのヘッドキャップ、ウィンドブレーカーの完全武装でスタートします。いちご200の試走と同じメンバー5名で走ります。

グランドゴルフ場の駐車場なのでグランドから一番遠い北側に駐車します。

f:id:yamakeirns:20210131160829j:plain

↓3週間設置されたままですが、防水時計で問題なく動いていました。

f:id:yamakeirns:20210131160851j:plain

定刻の8:30にスタートです。浜名湖200kmも走り始めてすぐに登りあります。旧東海道を走り、金谷駅前を過ぎ、牧之原台地を登ります。体を温めるにはちょうどいい登りです。山頂に雪をかぶった富士山がきれいに見えました。牧之原の交差点からK79に入り菊川に向けて下ります。最初のPC1は68.1km地点の浜松市総合水泳場です。菊川市街を抜け、27.7km地点の交差点を右折すると、遠州の空っ風の向かい風との闘い開始です。浜名湖を1周して鷲津までの115km地点までは風の影響を受け続ける忍耐区間です。43km地点のコンビニで小休止します。パンとココアで軽く補給し、補給食として5個入りのミニクリームパンを購入しました。昨年たびたびハンガーノック寸前のピンチがあったので、今年は何かしら補給食を常備するようにしています。

↓43km地点 ファミリーマート袋井松原店 10:32着

f:id:yamakeirns:20210131162348j:plain

コンビニを出てからも向かい風との闘いが続きます。K平さんが先頭をずっと牽いてくれていますが、さすがに中田島砂丘前を過ぎてさざんか通りを西進する途中でスピードが落ち始めました。K平さんはいったん最後尾に下がり、Y田だんが代って先頭を牽きます。向かい風に苦しみながらも何とか最初のPC1浜松市総合水泳場、通称「トビオ」に到着しました。写真PCで駐車場内の時計と建物の写真を撮る必要があります。右側にあるので、交差点で横断する必要があります。

PC1浜松市総合水泳場「トビオ」 68.1km地点 11:59着(関門13:02〆)

f:id:yamakeirns:20210131163128j:plain

トビオを過ぎてから舞阪漁港までの約5kmが爆風向かい風区間でした。特に吹き曝しの玉ねぎ畑区間は最悪でした。頑張っても20km/h前後しかでません。なんとか走り切り弁天島の折返し地点にあるコンビニに到着しました。三ケ日のうどん屋さんで昼食予定でまだそこまで25km程あるので小休止しました。

ファミリーマート浜名湖弁天島店駐車場 75.1km地点 12:28着

f:id:yamakeirns:20210131163643j:plain

今回寒空の中、冷たいドリンクを飲みのが嫌だったので、保温ボトルにホットドリンクを入れて走りましたが、体を冷やさずに飲むたびに体が温まり大成功でした。暖かいほうじ茶をボトルに補給し、おにぎり1個で軽く補給して走り出します。当日は特にこのコンビニがPCにはなっていないので、ショートカットされる可能性がありますが、1km程度のショートカットなので、出走者の方の良心を信じて何も対策しないことになりました。折返して、渚園前を通って浜名湖上にかかる二つの橋中之島大橋、浜名湖大橋を渡ります。浜名湖でも有数の横風強風区間でこの日も強風が吹き、時折、横風にハンドルを取られそうになりながら、車道に振られない様に気を張って何とかパスしました。ここから先は私が先頭を牽き、三ケ日のうどん屋さんが14:30で営業終了なので、頑張って飛ばせるだけ飛ばします。終始横風に苦しめられながらもオーバーペース気味で何とか走り切り、通過ポイントの浜名湖佐久米駅に到着しました。ここでは牛の形をした公衆便所の写真を撮らなければなりません。お題の写真を撮り終えると、ちょうど佐久米駅名物のゆりかもめが集まっていたので、ゆりかもめの写真も撮りました。

↓通過チェックポイント 浜名湖佐久米駅 99.7km地点 13:41着

f:id:yamakeirns:20210131165439j:plain

ゆりかもめが餌をもらいに集まっていました。

f:id:yamakeirns:20210131165508j:plain

ここから昼食予定場所の三ケ日のうどん屋さんまでは約2km程度です。ほどなくうどん屋さんに到着しましたが、あいにく混雑中で待つことになりました。待った甲斐のあるもっちりした食感のうどんで、ちくわ天、たまご天とあわせて美味しく頂きました。

うどん屋「福枡屋」 交差点都築を右折し、少し走った左手にあるお店です。

f:id:yamakeirns:20210131165931j:plain

 ↓合鴨うどんとちく天盛りを注文しました。もっちりした麺の食感が絶賛です。

f:id:yamakeirns:20210131170107j:plain

 うどん屋さんに1時間程滞在しましたが、いい休憩になり、しっかり補給できました。ここから恐らくマイナスの風の影響から解放される鷲津までは15km程あります。浜名湖レイクサイドウェイを走り、浜名湖西岸をR301を走ります。風の影響が続きますが、進むほどに弱まってきました。新居の関所跡でトイレ休憩します。この辺りになると風は味方となる追い風に変わってきました。

↓新居の関所 119km地点 15:38着

f:id:yamakeirns:20210131170901j:plain

追い風になれば、飛ばしに飛ばすだけです。私を先頭に追い風に乗って35km/h前後で飛ばします。往路苦労した玉ねぎ畑、さざんか通り、遠州大橋も強い追い風に助けられ大快走が続きます。追い風は自然にスピードが乗りますが、意外に全力でペダルを漕ぎ続けるので疲れます。最後のPC2のコンビニには大幅に時間を挽回していました。

PC2セブンイレブン大坂店 167.8km地点 17:30着(関門19:42〆)

f:id:yamakeirns:20210131171659j:plain

最近は日が随分長くなりました。17:30でも明るいですが、日没になるについて寒さが厳しくなってきました。ゴールまで30km程あるのでコーラ、肉まん、ななチキで補給し、ボトルには午後の紅茶を補給します。ここでウィンドブレーカーを着直し、寒さに備えます。ここからしばらく走ると北に向かって走る為、向かい風を心配しましたが、気にするほどの向かい風ではなく、ゴールに向かって快調に走ります。最後牧之原の登りから金谷までの下りの区間でK平さんがアタックを必ずかけると宣言していたので警戒していましたが、牧之原の登りの第1登りの途中でK平さんが失速し、結局アタックはありませんでしたが、私はペースを緩めることなく走り第2の登りの途中からボッチ走になりました。ボッチ走になったので、牧之原から金谷に下りはじめる島田市街の夜景の絶景スポットで止まって写真をとりました。天気が良いのできれいな夜景でした。もう少し早ければ、富士山と夜景を同時に写真に収められたと思います。

牧之原台地からの島田市の夜景 ブルベのゴール前に見ると感動はひとしおです。

f:id:yamakeirns:20210131172644j:plain

R473を慎重に下り、島田川越広場には19:10に到着しました。所要時間10時間40分でした。Stravaでは実走時間が8時間程度だったので、休憩を切り詰めれば多分9時間切りできる感じです。10分程遅れてK平さん、K西さん、Y田さん、O塩さんも無事ゴールしました。遠州の空っ風が吹き荒れる、今の季節らしい浜名湖ライドになりました。zwift効果は巡航力の向上は実感できました。またRoubaixの走り易さも改めて実感です。
次はBRM228名古屋200km浜名湖ですが、愛知県の緊急事態宣言が解除されないと開催が難しい気がします。何とか開催されることを願うのみです。引き続きZ活に精進します。